還暦おじさんのいろいろ


by nk2336nk

昨日のカープ 前田智徳選手

広島・前田智徳さん(42)「プロは結果がすべて。志は高かった」
2013.10.3 23:48 [セ・リーグ] http://sankei.jp.msn.com/sports/news/131003/bbl13100323580017-n1.htm

セレモニーで胴上げされる広島・前田智徳=マツダスタジアム(撮影・森田達也)

■広島東洋カープ・外野手(まえだ・とものり)

 広島ひと筋24年、通算7785打席目で現役に終止符を打った。

 引退試合での八回2死、今季最多の観衆が見守るなか、希代の天才打者の最終打席は投ゴロ。九回には5年ぶり、新球場では初の右翼守備に就き何度もファウルを懸命に追った。「ゴロを打って走るのは避けたい。守備は不可能」と言ったはずが、どちらも結果は逆。「願うことがかなったことがない」と苦笑した。

 平成2年、熊本工高からドラフト4位で広島入り。走攻守の三拍子がそろったプレーは名だたる選手らをも魅了した。

 だが、人生は度重なるけがとの闘いだった。2度のアキレス腱(けん)断裂。ある年の暮れの夜、球団関係者が仕事納めの後に廿日市市の屋内総合練習場をのぞくと、真っ暗な中でひとりリハビリトレーニングに励んでいた。英美夫人は「オフも課題が多く、休みもリハビリや治療。でも、頑張る姿に家族も心打たれた」と振り返る。約20年間、患部に使ったテーピングの量は1日約10メートルにもおよぶ。

 「24年間で野球をやっていない時間が多かった。ほとんどがリハビリとトレーニング。でも、やらないと結果は出ない」

 けがと真剣に向き合い、練習に精魂傾けた姿勢は勲章をもたらした。19年に通算2千安打を達成。しかし、当時建設中だったマツダスタジアムを見て「オレがそこで野球しとったら失礼やろ」とも言った。それから6年。「故障だらけの人生でしたが、広島で、カープで、いちずに野球できたことを誇りに思う」。この日もバットを振れる状態でなかった。だが、穏やかな笑みを浮かべ静かに球場を去った。(嶋田知加子)

このニュースの写真



セ・リーグ(3日)
巨 人 4-2 ヤクルト 終了
DeNA 3-7 阪 神 終了
広 島 3-5 中 日 終了

パ・リーグ(3日)
楽 天 6-7 ロッテ 終了


広島3-5中日 雄太が今季初勝利
2013.10.3 21:40 [セ・リーグ]

2回中日1死一、三塁、堂上直の左犠飛で平田が先制の生還。捕手石原=マツダ

 中日は二回に堂上直の犠飛で先制。三回は5安打で3点、四回には田中のプロ初本塁打のソロで加点した。小刻みな継投でリードを守り、雄太が今季初勝利。広島は12年連続のシーズン負け越しが決定。福井が三回途中で降板の乱調。

 ◇セ・リーグ            

 広島-中日最終戦(広島13勝11敗、18時、マツダスタジアム、32217人)   

中 日013100000-5     

広 島002100000-3     

▽勝 雄太3試合1勝         

▽S 岡田65試合7勝5敗2S     

▽敗 福井12試合2敗         

▽本塁打 菊池11号(2)(小川)田中1号(1)(中田)               

このニュースの写真



msn産経ニュースよりhttp://sankei.jp.msn.com/sports/news/131003/bbl13100323580017-n1.htm

前田智徳選手お疲れ様でした。
[PR]
by nk2336nk | 2013-10-04 07:17 | Comments(0)