還暦おじさんのいろいろ


by nk2336nk

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


11月25日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

農業体験のユニークな取り組み
「青空フィットネス」

JAおうみ富士
ファーマーフーズ・マーケットおうみんち
赤松佐恵子さん
あっちこっちほっかほか便り

青森県のご当地グルメ特集
青森味噌カレー牛乳ラーメン
協同組合青森味噌カレー牛乳ラーメン普及会
都もはんなりおこしやす
ミステリーツアー告知

11月26日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

植物栽培機の需要が広がっています
株式会社f-プランニング植物育成プラント事業部
前嶋浩章さん
あっちこっちほっかほか便り

青森県のご当地グルメ特集
十三湖しじみラーメン
ドライブイン和歌山
都もはんなりおこしやす
今朝のみそひともじ
歌人 林和清さん

11月27日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

視覚障害者が日常をつづるメールマガジン「色鉛筆」配信中
(出演者未定)
あっちこっちほっかほか便り

青森県のご当地グルメ特集
八戸前沖 サバップル菓子工房美松
都もはんなりおこしやす
ちょっといい話
僧侶 川村妙慶さん

11月28日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

若者に広がる薬物について
あっちこっちほっかほか便り

青森県のご当地グルメ特集
弘前いがめんち
弘前いがめんち食べるべ事務局
都もはんなりおこしやす
あ~お腹いっぱいおかわり!
晃瓶ノ巻

11月29日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

放置竹林対策にも・・・
竹フレーム自転車
坂東陽平さん
あっちこっちほっかほか便り

青森県のご当地グルメ特集
チーズロール
都もはんなりおこしやす
映画を観よう
京都シネマ 横地由起子さん
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-25 07:11 | Comments(0)

今日のコラム

☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます ☆

11月25日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

人間としての努め

命をかける──それは偉大なことです。命をかける思いがあるならば、ものに取り組む態度というものがおのずと真剣になる。したがって、ものの考え方が一新し、創意工夫ということも、次つぎに生まれてきます。お互いの命が、生きて働くからです。

 そうすると、そこから私たち人間が繁栄していく方法というものが、無限にわき出てくると言えるのではないでしょうか。この無限にひそんでいるものを一つ一つ捜し求めていくのが、人間の姿であり、私たちお互いの、人間としての勤めであると思います。もうこれでいい、けっしてそう考えてはならない。それは人間の勤めを怠る人だと私は思います。


【コラム】筆洗

2013年11月24日東京新聞TOKYOWeb

▼政治と宗教と野球の話はしない方がいい。特に初対面の人、公の場では-。野球はともかく、政治も宗教も下手に口にすれば、口論になるので避けた方がいいという「知恵」だろう

▼起源は「党派対立」が伝統的に根強い米国かもしれない。「君たちが全員、共和党支持者だといいなあ」。一九八一年三月、銃撃されたレーガン米大統領は手術直前、医師団にこう言った。実話である

▼もちろん冗談だが、共和党出身のレーガンさんとしては確認しておきたかったのかもしれない。医師団の答えがちょっと怖い。「ええ、本日に限り、共和党支持者ですよ」

▼どうも日本もそんな国に向かっている気配がある。原発再稼働、沖縄、TPP、消費税、特定秘密保護法案。国民の間で意見が分かれる問題を政治は次々と放ってくる。その問題の箱から、黒いガスが広がっている気がしてならない

▼黒いガスに触れると人は考えの異なる人を憎むようになる。この人は原発を、特定秘密保護法案をどう考えるのか。自分とは違うみたいだぞ。どこかへ消えろ

▼古代ローマの分断統治を狙っているとは思わないが、国民を憎み合わせることで得をするのはだれか。党派や政策の是非で医者を選ばなければいけない時代なんて、まっぴらである。「平和と愛と理解のなにがそんなにおかしい?」。エルビス・コステロの古い曲が聴きたい。

☆ 今日も皆さまにとって良い一日でありますように ☆
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-25 07:10 | Comments(0)

11月18日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

『おせっかい』を合言葉に『やすワーク』の取り組みについて
野洲市市民相談課
あっちこっちほっかほか便り

冬にあたたかいイルミネーション特集
もりやま冬ホタル もりやま冬ホタル実行委員会
都もはんなりおこしやす
悪徳商法にだまされるな
京都消費生活有資格者の会 理事 消費生活専門相談員 松本久美子さん

11月19日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

左京区花背の暮らしを漫画で発信
工房「アトリエA」 藤井麻里さん、桃子さん
あっちこっちほっかほか便り

冬にあたたかいイルミネーション特集
白良浜イルミネーションイベント 「白砂のプロムナード」 白浜魅力アップ事業推進委員会
都もはんなりおこしやす
神宮道商店街のフリーペーパーを制作しました
立命館大学 清水博美さん、武市明莉さん

11月20日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

美しい文字を書くための補助具を考案
書道家 奥村章華さん
あっちこっちほっかほか便り

冬にあたたかいイルミネーション特集
石塔町ペットボトルイルミネーション 滋賀県東近江市石塔町
都もはんなりおこしやす
教えて!毛利先生 【京の冬支度】
西陣和装学院 学長 毛利ゆき子さん

11月21日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

百寿レシピ、京丹後にあり!
京丹後市健康推進課
あっちこっちほっかほか便り

冬にあたたかいイルミネーション特集
天理市 光の祭典 奈良県天理市
都もはんなりおこしやす
みんなに公平花薫る 花クイズコーナー 秀男もね
集花園 谷奥秀男さん

11月22日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

言葉の壁・・・ 外国人防災対策に不安あり
京都府国際センター
あっちこっちほっかほか便り

冬にあたたかいイルミネーション特集
光の演出「Lightscape in Rokko 〜Winter version〜」 六甲ガーデンテラス
都もはんなりおこしやす
松竹芸能
志摩圭亮さん
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-18 11:09 | Comments(0)

11月11日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

認知症の方を支えていくためには
京都市右京区 地域介護予防推進センター 小島さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの紅葉特集 第2弾
第25回大野ダム 京都・南丹・美山もみじ祭
都もはんなりおこしやす
京都手帳 原画展
原田裕子さん

11月12日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

高齢者向けのシェアハウスを開設
オーナー 西尾泰憲さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの紅葉特集 第2弾
吉野山 第4回紅葉ライトアップ
都もはんなりおこしやす
今朝のみそひともじ
歌人 林和清さん

11月13日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

保津川の環境保全に ファンランで貢献しよう
NPO法人プロジェクト保津川
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの紅葉特集 第2弾
びわ湖大津 秋のライトアップ
都もはんなりおこしやす
美味しい話
飲食アドバイザー 本村哲郎さん

11月14日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

未定
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの紅葉特集 第2弾
犬鳴山渓谷の紅葉
都もはんなりおこしやす
あ〜お腹いっぱい おかわり
薫之巻

11月15日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

観光客も帰宅困難者
寺社と協力した避難広場確保
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの紅葉特集 第2弾
箕面大滝の紅葉
都もはんなりおこしやす
映画を観よう
京都シネマ 横地由起子さん
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-12 06:28 | Comments(0)

今日のコラム


11月11日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

企業は儲けるべし

 企業というものは、終始一貫、どうすれば合理化できるか、どうすればムダな経費が省けるかと、一生懸命汗を流し、工夫し、そして苦心惨憺してやっと一定の利益を上げているのです。そして利益の大半を税金として納めています。企業も国民も、みんなが働いてプラスを生んで、税金を納めているから国の財源ができるわけです。どこも儲けなければ、税金もおさめられない。とすれば国の財源はどこから集め得るのでしょうか。

 企業は儲けてはいけないということであるなら、経営は簡単です。努力もいらなければ創意工夫もしなくていいのですから。それで国が成り立っていくのであれば何も苦労はいりません。

筆洗

2013年11月10日(東京新聞TOKYOWeb)

▼東京・有楽町にあるゴジラ像のプレートにこんな言葉が刻まれている。「このゴジラが最後の一匹だとは思えない」

▼映画「ゴジラ」が封切られたのは一九五四(昭和二十九)年十一月のことだった。怪物が都市を破壊する映画は大当たりした。生誕六十年の来年には米ハリウッド版の新作公開も予定されている。世界の「ゴジラ」である

▼怪物は、水爆実験によって出現する。公開と同じ年の三月、ビキニ環礁で水爆実験の「死の灰」を浴びた、第五福竜丸事件が下敷きになっている。原作ではゴジラは第五福竜丸の帰還とともに日本にやってくる

▼「水爆などいい気になっていたら、人間は自分たちの力で完全に滅びる」。監督の本多猪四郎さんは著書『ゴジラとわが映画人生』で語る。訴えたかったのは進んだ科学を持った人間の恐ろしさだった

▼大戦中の原爆投下の記憶もまだ生々しい「あの時」からの警告は、残念ながら現代に生かされていない。核兵器や原発に限った話ではない。インターネットで知り合った一味がその日のうちに誘拐を働く。スパイ機関が別の国の首相の携帯電話を盗聴する。ネット上の憎悪発言。ゴジラは科学技術を使う人間の心の闇の中にすみ続けている

▼像の言葉は登場する科学者のせりふで、まだ続きがある。「同類が世界のどこかに現れてくるかもしれない」。ゴジラだらけである。


今日は介護の日だそうです。
厚生労働省において,平成20年度から11月11日が「介護の日」として設定されました。
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-11 05:51 | Comments(0)

今日のコラム


11月9日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

利害得失にとらわれない

 利害得失を考えることは、ある程度やむを得ないけれども、あまりそれにとらわれすぎると、自分の歩む道を誤ることにもなりかねない。

 学校を選ぶにしても、卒業して仕事を選ぶ場合でも、そうである。誰もが給与とか待遇のことを先に考える傾向があるが、やはり、自分には何が一番適しているだろうかということを、よく考えるべきだと思う。

 必ずしも大会社へ行ったから幸せかというとそうとばかりは言えない。人によっては、中小企業へ勤めてかえって用いられ、人生の味というか、アヤを知る尊い体験ができて、人間としても成長するということが往々にしてあるからである。


筆洗

2013年11月8日(東京新聞TOKYOWeb)

▼酔いざめの水千両と値が決まり-とはよく言ったもので、お酒を飲み過ぎた時に、ぐっと飲む水のうまいこと。まさに値千金だが、国際宇宙ステーション(ISS)で飲む水は、コップ一杯で三、四十万円にも値するらしい

▼それはそうだろう。地上から運ぶには、数十億円以上ものロケットが必要だ。尿を蒸留・浄化して飲料水に変える装置が備わり、水の現地調達ができるようになったらしいが、その開発に百五十億円ほどかかったというから、やはり宇宙の水は値千金である

▼当然ながら、ISSではとてつもなく高い費用をかけ、酸素を供給し、二酸化炭素を処理し、汚れた水を浄化している。地球では森林などが当然のようにやっているそんな営みが、どれだけ貴重なものか

▼そのありがたさが、宇宙から地球を眺めれば本当によく分かると、きのう四回目の宇宙の旅に出発した若田光一さん(50)が自著『宇宙飛行』(日本実業出版社)に書いている

▼来年三月十一日からアジア人初のISS船長という大役を担う若田さんは、こんな老子の言葉を大切にしているという。<有能なリーダーが仕事を終えたとき、人々にはその事柄が自然に起きたように見える>

▼老子には<上善は水の若(ごと)し>との言葉もある。みんなを活かしつつ、自らは低く身を置く。そんな値千金の水のごとき船長になってくれるに違いない。
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-09 06:12 | Comments(0)
[転載記事位置]msn産経ニュースより

「人生いろいろ」 歌手の島倉千代子さんが死去
2013.11.8 16:37 [有名人の訃報]
歌謡生活50周年を迎え、産経新聞のインタビューに答える島倉千代子さん=2004年6月(前川純一郎撮影)

歌謡生活50周年を迎え、産経新聞のインタビューに答える島倉千代子さん=2004年6月(前川純一郎撮影)

 「東京だョおっ母さん」「人生いろいろ」などのヒット曲で知られ、戦後の歌謡界に大きな足跡を残した歌手の島倉千代子(しまくら・ちよこ)さんが肝臓がんのため死去したことが8日、分かった。75歳だった。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主などは未定。

 昭和13年生まれ。日本音楽高等学校に入学後、29年、第5回コロムビア歌謡コンクールに出場し、「涙のグラス」を歌って優勝。翌30年、「この世の花」でデビューした。32年には「東京だョおっ母さん」がヒットし、自ら主演して映画化。この年にNHK紅白歌合戦に初出場を果たし、以後、62年に辞退するまで30回連続で出場した。

 その後、同年発表した「人生いろいろ」が翌63年にかけて大ヒット。バラエティー番組でものまねされるなど若者にもファン層を広げ、紅白に再び出場。平成16年までに出場回数を35回まで伸ばした。

 一方、私生活では波乱が多く、一時は億単位の借金を背負い込んだ。平成5年に乳がんの手術を受け、その後も歌手活動を続けていた。11年、紫綬褒章受章。


ご冥福をお祈ります。
寂しいですね。
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-09 06:12 | Comments(0)

今日のコラム


11月5日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

 よく世間では、あの人は大器晩成型などと言いますが、その場合はどちらかといえば、あまりほめたようには使わないことが多いようです。つまり、いまはまあまあだけれども、そのうちになんとか一人前になるだろう、といった調子です。しかし私は、この大器晩成というのは、もっと大事な意味を持っているのではないかと思うのです。

 真の大器晩成型というものは、人生は終生勉強であるという考えを持って、ウサギとカメの昔話のカメのように、一歩一歩急がずあわてず日々精進し、進歩向上していく姿ではないかと思います。そういう姿をめざすことがお互いに大切だと思うのです。


筆洗

2013年11月4日(東京新聞TOKYOWeb)

▼素晴らしい日本シリーズだった。初優勝した楽天、惜しくも敗れた巨人の両選手に、拍手を送りたい。両チームのファンでなくても試合に胸を熱くした人は多いだろう

▼楽天も巨人も確かに何かを背負って戦っていた。楽天の背中からは被災地で今も苦労している人々の声が聞こえた。巨人の肩の上には圧倒的な戦力を誇る意地が見えた

▼背負ったもののために選手は、ただただ勝ちたかった。楽天エースの田中は大リーグ入りを目前にしながらも故障しても構わないとばかりに投げ続けた。死球の痛みで満足に走れないのに試合に残りたいと泣いた楽天の藤田。第五戦、巨人・高橋由の代打二塁打に、故障の苦労を越えた輝きを見た

▼投げる打つ守る。勝ちたい。やっつけたい。カネも打算も見えもない。純粋な子どもの野球の世界が広がっていた。楽天が勝てたのは、神様に東北の声援が少しだけ大きく聞こえたせいだろう

▼人の一生と野球は違う。分かっている。それでもかつての弱小球団のシリーズ制覇は人生とうまく付き合えていない人の心に小さな灯をともしたと信じたい。なんとかなる

▼野球の季節が終われば冬はもうすぐだ。木枯らし一号も近いだろう。野球のいいところは今年うまくいかなかったチームも来年一からやりなおせることだ。嫌なことは忘れよう。また新しいシーズンがやってくる。来年こそ。
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-05 06:07 | Comments(0)

今日のコラム


11月2日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

生産者の感激

 私が昔、直接生産に従事していたとき、新しい品物を代理店へ持参して見せると、「松下さん、これは苦心された品ですね」と言われたことがあります。こう言われたとき、私は無料で進呈したいと思ったほど嬉しかったのです。これは高く売れて儲かるという欲望的な意識でなくて、よくぞ数ヵ月の造る労苦を認めてくださったという純粋な感激だったのです。

 こうした感激は、常に自分の魂と至誠を製品にこめる者のみが味わい得るものだと思います。そしてそのような喜びに全社員がひたりつつ生産してこそ、確固たる社会信用を獲得することのできる製品を生み出すことが可能になるのではないでしょうか。


筆洗

2013年11月1日 (東京新聞TOKYOWeb)

▼中央アジアのキルギスには、海はない。当然ながら海軍もない。だが、ソ連からキルギスが独立した時、引き継いだ一大産業は、魚雷生産であった

▼キルギスが誇るイスイククル湖は琵琶湖の九倍もある、天山山脈に囲まれた美しい湖だ。そこに、ソ連は魚雷発射試験場を造った。十数年前に現地で会った政府高官は苦笑していた。「海軍もない国の魚雷など、どの国が買ってくれるだろう」

▼悪い冗談のような話だが、ソ連という超大国は事ほどさように、各共和国・民族の自立を許さぬような経済開発を進めた。ソ連崩壊直後に各共和国で経済改革が軒並み失敗し、中央アジアでは混乱と貧困を土壌に、イスラム原理主義が台頭した

▼どうも天山山脈の東の方でも似たようなことが起きているようだ。中国政府が新疆ウイグル自治区などで進める西部大開発もウイグルの人々にとっては「山中の魚雷工場」に見えるのかもしれない

▼地元の豊かな天然資源を開発しても、利権を握るのは中央政府の息がかかった漢族の企業ばかり。ウイグル族は貧困から抜け出せず、汚染など悪(あ)しき副産物に苦しむばかり。そんな構図になっているのではないか

▼天安門前に車が突入した事件を、中国当局は、ウイグル族の恐怖主義者(テロリスト)の犯行とみているようだ。本当に怖いのは、テロを生む土壌に目を向けないことなのだが。
[PR]
by nk2336nk | 2013-11-02 06:00 | Comments(0)