還暦おじさんのいろいろ


by nk2336nk

<   2013年 07月 ( 43 )   > この月の画像一覧

今日のコラム


7月31日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

自分自身への説得

 説得というものは、他人に対するものばかりとは限らない。自分自身に対して、説得することが必要な場合もある。自分の心を励まし、勇気をふるい起こさねばならない場合もあろうし、また自分の心を押さえて、辛抱しなければならない場合もあろう。そうした際には、自分自身への説得が必要になってくるわけである。

 私がこれまで自分自身への説得をいろいろしてきた中で、いまでも大切ではないかと思うことの一つは、自分は運が強いと自分に言い聞かせることである。ほんとうは強いか弱いかわからない。しかし、自分自身を説得して、強いと信じさせるのである。そういうことが、私は非常に大事ではないかと思う。




2013年7月31日天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

天声人語

▼3年前のきょう、小欄はこう書いた。「おとといの民主党両院議員総会の有り様に、この党を見限った人もおられよう」。やはり参院選が戦われた夏だった。自民1強体制が固まった7月の言葉から

▼今回、ネット選挙が解禁となった。東京経済大教授の西垣通(にしがきとおる)さん(64)は「ネットは切実な政治的議論の場としては未成熟」と見る。炎上など負の側面もある。「ネット上でも自分を賭して責任ある発言を投げかける文化をまず育てたい」▼原発も問われた。事故の衝撃が風化していないか。沖縄出身で、福島原発に40年関わってきた技術者の名嘉幸照(なかゆきてる)さん(72)は、「かつて沖縄で、『俺たちは日本人ですか』と本土の人によく言った。同じ言葉を福島の人に言わせたくない」

▼憲法論議は深まらなかった。家族は助け合えと自民党の改憲草案は促すが、生活に困る人々を支援している府中緊急派遣村の松野哲二(まつのてつじ)さん(64)は懸念する。「幸せな家族をつくれない人は、淘汰(とうた)されて当然、という国になりかねない」

▼広島、長崎の日を前に米国の元国務長官コリン・パウエルさん(76)が本紙に答えた。「まともなリーダーならば」核兵器を使おうなどとは決して考えないだろう。「使わないのであれば基本的には無用だ」

▼ラーメンの歴史を研究する英ケンブリッジ大准教授のバラック・クシュナーさん(45)が言う。「中国はラーメンの『領有権』までは主張してません。日中間に建設的な未来を築く道はまだ開けています」。かくあれかし。
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-31 06:14 | Comments(0)

今日のコラム

7月30日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

声をかけるサービス

 商売をしている限り、いつの時代でもサービスは大事ですが、中でも特に故障や不満のないときのサービスということが大事です。

だんだん暑くなってきて、扇風機がそろそろ要るようになる。そんなとき、ちょっと立ち寄って“去年の扇風機の調子はどうですか”と声をかける。

また“お納めした品物の具合はどうでしょう”と聞いてみる。

いわば“声のサービス”です。これは全くの奉仕で、それですぐどうこうというものではないでしょうが、ご需要家にしてみたらどんなに嬉しく、また頼りに思われることでしょう。

そういうところに、商売をする者の真の喜びを感じ、尊さというものを自覚しなければならないと思うのです。





2013年7月30日天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

天声人語

▼大きな荷を重そうに背負ったおばさんたちの姿が、今も脳裏に浮かんでくる。茨城や千葉方面から東京に野菜などを売りに来ていたのだろう。子どものころ、上野駅に行くとしばしば目にした光景だ

▼東京の北の玄関口が、おととい開業130周年を迎えた。昨年新装成った東京駅よりはだいぶ古い。節目を記念して、寝台特急が発着する13番ホームの発車合図が変わった。「あゝ上野駅」である

▼1964年に発売された井沢八郎のヒット曲。集団就職で地方から出てきた若者たちへの応援歌として、いまも多くの人の記憶に残る。♪くじけちゃならない人生が あの日ここから始まった……

▼この歌詞を地で行くようだったのが、後の首相、田中角栄だ。34年3月、15歳の少年は郷里新潟を出て上野に降り立った。ところが、自伝『わたくしの少年時代』には駅についての記述がない。すぐにタクシーに乗り、運転手にカモにされた。その経験が強烈すぎたのだろうか

▼東北線や常磐線などの地上ホームは線路が行き止まりになっている。終着駅らしいつくりと雰囲気が旅情をそそる。今は新幹線も東京駅に通じ、通過駅になりかけているが、「ふるさとの訛(なまり)なつかし停車場」(啄木)の魅力は変わらない

▼一時は駅舎を超高層ビルに建て替える計画もあった。バブル崩壊で構想が消え、独特の外観が保たれたのは幸いだった。博物館に美術館に音楽ホール、動物園に不忍池(しのばずのいけ)にアメ横。多彩な楽しみに溢(あふ)れた街に摩天楼は似合わない。
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-30 05:51 | Comments(0)
【プロ野球】
広10-7ヤ 広島が五回に一挙6点
2013.7.28 22:04

 広島対ヤクルト 5回、本塁打を放つ広島・菊池涼介=マツダスタジアム(撮影・森田達也)

 広島が2-6の五回に6得点して逆転勝ち。この回、四球と連打で塁を埋めて菊池の満塁アーチで同点、梵の2ランで勝ち越した。七回は堂林の適時打などで2点を加えた。ヤクルトは四回に逆転したが、先発赤川の続投が裏目に出た。

 ◇セ・リーグ        

 広島-ヤクルト13回戦(ヤクルト8勝5敗、18時1分、マツダスタジアム、18152人)   

ヤクル010320001-7 

広 島20006020×-10 

▽勝 久本29試合3勝3敗1S 

▽敗 赤川9試合5敗     

▽本塁打 ミレッジ15号(1)(小野)

菊池6号(4)(赤川)梵2号(2)(木谷)            

msn産経ニュース より
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-29 08:33 | Comments(0)

7月29日(月)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

不登校の児童・生徒を大学生が支援する「がくぱと」について
NPO法人フラワー・サイコロジー協会 代表・理事長 浜崎英子さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの夏祭り
福石観音四万六千日祭 長崎県佐世保市
都もはんなりおこしやす
ほっかほかふれあい広場

7月30日(火)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「ミュージック・ケア」について
NPO法人日本ミュージック・ケア協会
副会長 日本音楽療法学認定・音楽療法士 伊藤 美恵さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの夏祭り
鳥取しゃんしゃん祭 鳥取県鳥取市
都もはんなりおこしやす
親子揃って楽しめる演劇イベント
おやこ☆演劇フェスティバル in おおつ2013 について
人形劇団「京芸」 長谷川 有香さん

7月31日(水)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

夏の火災にご注意ください!
京都市消防局予防部 予防係長 福田 真由子さん
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの夏祭り
2013因島水軍まつり 広島県尾道市
都もはんなりおこしやす
子ども映画祭について

8月1日(木)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

「寄付」について勉強しよう
「寄付の教室」 日本ファインドレイジング協会
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの夏祭り
馬籠宿流しそうめんの夕 岐阜県中津川市
都もはんなりおこしやす
となりの匠はん
【石材加工】森 豊さん

8月2日(金)放送予定

ほっかほか 噺の朝ごはん

土曜の朝、京都の町を掃除しています
京都新洗組
あっちこっちほっかほか便り

あっちこっちの夏祭り
片山津温泉 夏祭り 石川県加賀市
都もはんなりおこしやす
松竹芸能
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-29 06:59 | Comments(0)

今日のコラム

7月29日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

力の限度にあった仕事を

 二、三人の人を使っての個人企業の経営者としては立派に成績を上げたけれども、十人、二十人と人が増えてはもうやっていけないという人もあろう。このことは、ひとり経営者についてだけでなく、部とか課の責任者、さらには一人ひとりの社員が仕事と取り組む上での心構えといった点で大事な教訓を含んでいると思う。それは一言でいえば、お互いが自分の能力を知り、その上に立って自己の適性というか、力の限度にあった仕事をしていかねばならないということである。自分の能力を常に検討し、適性にあった仕事をしていくということになってこそ、自分自身、ひいては会社や世の中にも貢献することができると思うのである。



2013年7月29日天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

天声人語

▼歴史はときに、おもしろい繰り返しをする。70余年前にジョセフ・ケネディ氏が駐英大使に決まったとき、ある英紙は「ルーズベルト米大統領からイギリスへの最高の挨拶(あいさつ)である」と評したそうだ。欧州の天地は第2次大戦の前夜だった

▼ジョセフ氏は株の才覚で巨富を築き、大統領選挙で金銭的な貢献をしたとされる。しかし外交の経験はなかった。時をへて、この人の孫娘キャロライン・ケネディさん(55)が次の駐日大使に指名された

▼赴く国は違っても、大統領選での貢献や、外交経験のないところは祖父に似ている。オバマ大統領の「最高の人選」にも思われるが、一部の米紙は貢献がらみの抜擢(ばってき)を批判し、手腕を不安視する。このあたりもお祖父(じい)さんと相通じるものがある

▼5歳のときに父親のケネディ大統領が暗殺され、葬儀での姿が涙を誘った。折しもこの11月で悲劇から50年になる。順調なら9月にも着任となろう。米から日本への初の女性大使でもあり、まずは話題満載だ

▼お祖父さんに話を戻せば、駐英大使としての評価は芳しくなかった。ヒトラーへの宥和(ゆうわ)政策を支持して大局を見誤った。古びた上層階級としか付き合わなかったことが一因とされ、あれやこれやでルーズベルトからも疎まれてしまう

▼キャロラインさんが、そうした評価まで繰り返さぬように願いたい。言うまでもないが駐日大使の職は、名門ケネディ家の飾りの一つではない。新しい風と、名に実の伴う仕事に期待しつつ、歓迎の手を振ろう。
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-29 06:26 | Comments(0)

今日のコラム


7月28日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

降格は公の心で

 部長が適任でない場合どうするか、ということは非常に大事な問題である。日本の会社では、とりかえるということはむずかしいことである。だが、それはやらなくてはならない。やりにくいことをやらなければ物事は成り立たない。断乎としてやる勇気を持たなくてはいけない。

 そういうときに、一つ勇気を出す方法がある。それは会社は個人のものではない、公のものである、だから個人の情において忍びなくても、公のためには変えなければならない、と考える。実際はそう理屈通りにはいかないが、そのような解釈を強く持つか持たないかによって、それが適切にできるかできないかという差がでてくるのではないだろうか。


2013年7月28日天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

天声人語

▼日替わりの絵が楽しい「しつもん!ドラえもん」はいま、かんきょう編が続いている。先日は、水道を1分流しっぱなしにすると約12リットルの水が無駄になると教えられた。蛇口をひねれば水がほとばしる便利さは、無駄と表裏一体だ

▼先の小欄で「みずばち」について書いたら、幾つも便りを頂いた。「水を雑に使うと水罰があたって水に不自由する」という戒めである。ある女性は、水だけでなく「火罰(ひばち)」や「紙罰(かみばち)」があたるから粗末にするなと、親から教えられたそうだ

▼農民作家の和田伝(つとう)が戦前に書いた随筆を送ってくださった方もいた。随筆には、女中さんの性格は井戸端で水を使わせれば分かる、とある。締まりなく使う者は一事が万事で、味噌(みそ)でも醤油(しょうゆ)でも同じだという。現代人にも当てはまりそうな、鋭い観察である

▼「湯水のように使う」という表現に、和田は異を唱えている。田舎の人は惜しげもなく水を使うことはなかった。時は流れて今、日本人は1人1日平均で約300リットルの生活用水を使うようになった

▼水から目を転じれば、まだ食べられるのに捨てられる食品が、国内で年に500万~800万トンにのぼるという。食料の過半を海外に頼りながら、こうも粗末にする国は、いまに「食罰」があたりそうで怖い

▼何にしても、ものが有限であることへの謙虚な畏(おそ)れを失いたくはないものだ。地球にはいま70億の人間がひしめく。「もったいない」に通じる「罰」の感覚は、古いがモダンだ。埃(ほこり)を払って磨きたい。
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-28 06:02 | Comments(0)
【プロ野球】
広島6-5ヤクルト 広島がサヨナラ勝ち
2013.7.26 23:14

ヒーローインタビューで広島・菊池涼介と広島・松山竜平から広島名物の手荒い祝福を受ける広島・丸佳浩=マツダスタジアム(撮影・森田達也)

 広島がサヨナラ勝ち。5-5の延長十回2死一、二塁で丸が中前適時打を放ち、勝負を決めた。5番手の今村が1回無失点で2勝目。ヤクルトは1点を追う九回に追い付くなど、打線が粘ったものの、最後は山本哲が力尽きた。

 ◇セ・リーグ            

 広島-ヤクルト11回戦(ヤクルト7勝4敗、18時、マツダスタジアム、19200人)     

ヤクル0130000010-5    

広 島1300000101x-6    

(延長十回)             

▽勝 今村37試合2勝2敗2S     

▽敗 山本哲33試合1勝3敗11S    

▽本塁打 ミレッジ13号(3)(大竹)堂林5号(1)(木谷) 


msn産経ニュースより             
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-27 06:11 | Comments(0)

今日のコラム


7月27日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

人間の幸せのための政治

 私たちが決して忘れてならない大事なことは、政治は結局、お互い人間の幸せを高めるためにある、ということです。過去においては多くの人びとが政治によって苦しめられ、お互いの血を血で洗うということもありました。

 しかし、そうした好ましくない姿は、政治の本来の姿ではない。政治は本来、お互い人間のそれぞれの活動をスムーズに進めることができるようなものです。それらの調整調和をはかり、共同生活の向上をはかって、一人ひとりの幸せを生み高めることをその使命としているのです。この“政治は本来、人間の幸せのためにある”ということを私たちはまず正しく認識しあう必要があると思います。



2013年 7月 27 日(土)天声人語(朝日新聞デジタル)

天声人語

▼中曽根元首相によれば、政治はお世辞を抜きにしては語れない。人に頭を下げ、時には道ばたの地蔵にまでお辞儀する。俗物といえば俗物だろう。だが、権力に近づくことで自分の理想を実現しようとすれば、〈俗物中の練達者〉とならなければならない(『政治と人生』)

▼俗物はさておき、練達という言葉に目がいく。鍛錬を重ね腕を磨き、技を極める。入神の境地に達することと説く辞書もある。そこまで求めるのは無理としても、もう少し何とかならないものか。参院選後の民主党のありさまにそう思う

▼きのうの両院議員総会をネット中継で見た。意見は多く出たが、全体の取り運びがどうにも弛緩(しかん)している。ある議員が、再建への熱を感じないと憤った通りだ。腕や技を問う以前の、やる気の問題だろう

▼案の定、海江田代表が続投することへの批判が続いた。一から出直すために代表選をやれという声である。敗軍の将が、その引き際を問われるのは避けられない

▼欧米の政党は、野党時代に思い切った世代交代をして、起死回生を図ることがある。英国のブレア元首相もキャメロン首相も若くして党首になった。いまの民主党にもかなりの荒療治が必要なのではないか

▼中曽根氏は昔、南極で米海軍の砕氷艦に乗り、艦長に氷上での操艦の心得をたずねた。「忍耐、忍耐、また忍耐」との答えに、これは政治の要諦(ようてい)でもあるなと得心したという。民主党も長い忍耐を覚悟し、その間に練達のリーダーを育てることである。
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-27 05:52 | Comments(0)
【プロ野球】
巨人2-11広島 広島、大勝で連敗ストップ
2013.7.25 21:49

投打に活躍した広島・前田健太=東京ドーム、撮影・今野顕

 広島が大勝で連敗を3で止めた。二回に松山の先制打や前田健の2点二塁打、キラの2ランなど7長短打を集めて8点を先行。三回はルイスが2点適時打を放った。前田健は7回2失点で8勝目。巨人は宮国が二回途中8失点と崩れた。

 ◇セ・リーグ            

 巨人-広島14回戦(巨人10勝3敗1分、18時30分、東京ドーム、4万5127人)  

広 島082000010-11     

巨 人000020000-2     

▽勝 前田健15試合8勝5敗      

▽敗 宮国11試合4勝5敗       

▽本塁打 キラ5号(2)(宮国)ボウカー8号(2)(前田健)岩本2号(1)(アコスタ)  

msn産経ニュースより
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-26 06:45 | Comments(0)

今日のコラム



7月26日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

経営にも素直な心が

 成功する経営者と失敗する経営者の間にある大きな違いは、私心にとらわれず、公の心でどの程度ものを見ることができるか、ということにあると思います。私心つまり私的欲望によって経営を行なう経営者は必ず失敗します。私的欲望に打ち勝つ経営者であってこそ、事業に隆隆たる繁栄、発展をもたらすことができると思うのです。

 私の欲望にとらわれず、公の欲望を優先させるということは、言葉をかえれば、素直な心になるということです。そのように私心にとらわれず、素直な心で物事を見ることができるようにみずからを常に顧み、戒めることが大切だと思います。




2013年7月26日天声人語(OCN朝日新聞デジタル)

天声人語

▼男女に違いがあるのは当然として、どこがどのように違うのかを言うことは簡単ではない。しかし、時に具体的な数字で違いを突きつけられて、たじろぐこともある

▼浮かび上がったのは、高齢で独り暮らしの男性が孤立する危険である。国立社会保障・人口問題研究所の「生活と支え合いに関する調査」は、人は普段どれくらいの頻度で人と話をするかを調べている

▼電話も含め、毎日する人がもちろん圧倒的だ。一方で、2週間に1回以下しか話をしない人も全体の2%いて、65歳以上の独居の男性に限ると17%もの人がほとんど人に接していない。同じ年齢層の独居の女性では4%だから、違いは歴然だ

▼調査を担当した阿部彩(あや)部長は、一研究者としての一般論と断ったうえで言う。男性は人間関係を職場に頼りがちなので、退職後に新たな関係をなかなかつくりにくい。そこが地域に密着しつつ生涯を送る人が多い女性との違いではないか、と

▼耳が痛い指摘である。団塊の世代の意識を探った内閣府の調査も似た傾向を示す。どんな時に生きがいを感じるか。男性が女性よりはっきり多いのは仕事、お酒、パチンコなど。女性の方が断然多かったのは、友人、知人と過ごしている時だ

▼個人差はあれ、人づきあいへの考えがやはり男女で違うのだろう。徒然草(つれづれぐさ)にいわく〈ただ一人有るのみこそ良けれ〉。縁を離れ、事に与(あずか)らず、と。だが、そんな兼好(けんこう)も友を求めた。同じ心の人としみじみ話ができればいいのに、と書いている。
[PR]
by nk2336nk | 2013-07-26 06:07 | Comments(0)