還暦おじさんのいろいろ


by nk2336nk

<   2013年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

松下幸之助一日一話

5月30日
叱ってもらえる幸せ
 叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である。叱ってくれ手のないことは寂しいことである。どんな人でも、より多く叱ってもらうことにより、進歩向上が得られるのだ。
 叱られて反感を持ち、不愉快な態度を示すことは、再び叱ってもらえる機会を失うとともに自己の進歩はもうそれで行き詰まりとなる。叱ってもらうことは自己向上の一大資料であることを感じて、これを受け入れてこそ、そこに効果が生まれるのである。
 修業途中にある諸君は、叱ってもらうことの尊さを知り、叱られることに大いなる歓びを感じる境地に到達しなければならないと思うのである。
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-30 05:12 | Comments(0)

松下幸之助一日一話

5月29日
まかせてまかせず
 「好きこそものの上手なれ」という言葉がありますが、人に仕事をまかせる場合、原則としては、こういう仕事をやりたいと思っている人にその仕事をまかせる、ということがいいのではないかと思います。
 しかし、まかせてはいるけれども、たえず頭の中で気になっている。そこでときに報告を求め、問題がある場合には、適切な助言や指示をしていく。それが経営者のあるべき姿だと思います。これは言いかえますと“まかせてまかせず”ということになると思います。まかせてまかせずというのは、文字どおり“まかせた”のであって、決して放り出したのではないということです。
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-29 05:40 | Comments(0)

松下幸之助一日一話

5月28日
失敗を素直に認める
 たとえ、どんな偉大な仕事に成功したという人でも、何の失敗もしたことがないといった人はいないと思います。事に当たって、いろいろ失敗して、その都度そこに何かを発見し、そういうことを幾度となく体験しつつ、だんだん成長していき、ついには立派な信念を自分の心に植えつけ、偉大な業績を成し遂げるに至ったのではないでしょうか。
 大切なことは、何らかの失敗があって困難な事態に陥ったときに、それを素直に自分の失敗と認めていくということです。失敗の原因を素直に認識し、「これは非常にいい体験だった。尊い教訓になった」というところまで心を開く人は、後日進歩し成長する人だと思います。
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-28 06:54 | Comments(0)

昨日のカープ 勝ち

広6-4楽 松山が逆転3ラン
2013.5.26 18:26
4回 本塁打を放ち広島・前田健太とハイタッチする松山竜平=マツダスタジアム(森田達也撮影)
4回 本塁打を放ち広島・前田健太とハイタッチする松山竜平=マツダスタジアム(森田達也撮影)
 広島は0-1の四回2死一、二塁から松山の3号3ランで逆転。六回は丸の4号2ランで加点し、七回は菊池の右前適時打で1点を加えた。前田健は7回3失点で5勝目。楽天の永井は失点につながった3四死球が悔やまれた。
 ◇交流戦          
 広島-楽天2回戦(1勝1敗、
13時30分、マツダスタジアム、3
0380人)         
楽 天000110110-4 
広 島00030210×-6 
▽勝 前田健8試合5勝2敗  
▽S ミコライオ20試合1勝2敗
9S             
▽敗 永井4試合1勝1敗   
▽本塁打 松山3号(3)(永井)小
斉1号(1)(前田健)丸4号(2)(金
刃)

msn産経ニュースより
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-27 07:16 | Comments(0)
5月27日(月)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
介護予防は地域の連携が必要
京都市右京区地域介護予防推進センター コーディネーター 小島裕史さん
あっちこっちほっかほか便り
関西のおでかけ情報
播州山﨑花菖蒲園
都もはんなりおこしやす
ラジオで和い和いミーティング開催概要
5月28日(火)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
「子どもミュージアム商店街」について
子どもミュージアムをつくる会 代表 町田弘法さん(スタジオ出演)
あっちこっちほっかほか便り
関西のおでかけ情報
神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
都もはんなりおこしやす
今朝のみそひともじ
歌人 林和清さん
5月29日(水)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
オリジナル・フェアトレード・コラボレーション商品が誕生
NPO法人フェア・プラス 事務局長 河西実さん
あっちこっちほっかほか便り
関西のおでかけ情報
近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所
都もはんなりおこしやす
未定
5月30日(木)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
映画で骨髄移植への誤解や偏見をなくしたい
あっちこっちほっかほか便り
関西のおでかけ情報
京都市動物園
都もはんなりおこしやす
未定
5月31日(金)放送予定
ほっかほか 噺の朝ごはん
男性も介護で仕事を辞めないといけない時代へ
あっちこっちほっかほか便り
関西のおでかけ情報
大阪舞洲ゆり園
都もはんなりおこしやす
松竹芸能
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-27 07:13 | Comments(0)

松下幸之助一日一話

5月24日
世間に聞く

 誰しも日々の仕事の中、生きていく中で迷いは生じるもの。いくら仕事に生きがいを感じていても、それを進めていくにつれて迷いが生じます。では、その迷いをどう解決するか。

 私は広く衆知を集めればいいと思います。広く世間にそれを求めればいい。世間は道場、人間錬成の道場です。大きくは社会に、小さくは同僚、友だちに尋ねればいい。そうしていくことによって、そこに自分の具体的な活動の形が求められてくる。尋ねて答が返ってくる場合もあるでしょうし、返ってこない場合もあるでしょう。しかし、ある程度は返ってくる。不十分ながらも返ってくる。素直な心で求めることだと思います。
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-24 06:55 | Comments(0)

昨日のカープ

西2-6広 丸が勝ち越し本塁打 
2013.5.23 21:50
7回、2点本塁打を放つ広島・丸佳浩=西武ドーム (撮影・中井誠)

7回、2点本塁打を放つ広島・丸佳浩=西武ドーム (撮影・中井誠)

 広島が逆転勝ちした。0-2の五回に中東、丸の適時二塁打で同点。七回に丸の2ランで勝ち越すと八回はニックの2ランで突き放した。野村は6回1/3を2失点で2勝目。西武は先発の野上が粘れず、救援した涌井も一発を浴びた。

 ◇交流戦          

 西武-広島2回戦(広島2勝、18時、西武ドーム、16553人)              

広 島000020220-6 

西 武100100000-2 

▽勝 野村5試合2勝2敗   

▽敗 涌井8試合3勝3敗   

▽本塁打 丸3号(2)(涌井)ニック1号(2)(長田)       

MSN産経ニュース
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-24 06:54 | Comments(0)

昨日のカープ


【プロ野球】
西0-1広 大竹が5勝目
2013.5.22 21:46
【交流戦 西武対広島】広島の大竹寛投手=22日、西武ドーム(中井誠撮影)

【交流戦 西武対広島】広島の大竹寛投手=22日、西武ドーム(中井誠撮影)

 広島が連敗を3で止めた。先発の大竹は7回無失点で5勝目。八回からは今村、ミコライオの継投で七回に中東の右前適時打で挙げた1点を守りきった。西武は3位後退。牧田が一回に打球を受けて降板し、攻撃もつながりを欠いた。

◇交流戦
    

 西武-広島1回戦(広島1勝、18時、西武ドーム、17202人)       

広 島000000100-1 

西 武000000000-0 

▽勝 大竹7試合5勝1敗   

▽S ミコライオ17試合1勝1敗8S   

▽敗 長田15試合2敗
msn産経ニュースより
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-23 05:54 | Comments(0)

松下幸之助一日一話

5月23日
社長は心配役

 社長というものは、従業員が一万人いれば一万人の心配を背負っていくものです。ですから、心配で夜も眠れないというときもあります。眠れないからつらい、苦しい。しかし、そのように心配するのが社長の仕事なのです。そのために死んでも、それは早く言えば名誉の戦死ではないか、そう考えるところに社長としての生きがいも生まれてきます。

 社長が心配しないでのんびりやれる会社などあり得ない。眠れなかったり、煩悶したりしている姿こそ社長の姿で、そこに社長としての生きがいがある。そういう考え方に立つことが、激動の時代である今日の経営者には求められているのではないでしょうか。
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-23 05:53 | Comments(0)

松下幸之助一日一話

5月22日
感心する

 同じように人の話を聞いても、「なかなかいいことを言うなあ」と感心する人もあれば、「なんだ、つまらない」と思う人もいる。どちらが好ましいかというと、もちろん話の内容にもよるだろうが、「いいなあ」と感じる人の方により多く、その聞いた話の内容から仕事に役立つような何かヒントを得て、新しい発想をするといったようなプラスの価値が生まれてくるだろう。ちょっとしたことだけれども、人生とか事業の成否のカギは、案外こうしたところにあるのではないかと思う。人の意見を聞いて、それに流されてはいけないが、お互いにまず誰の意見にも感心し学び合うという柔軟な心を養い高めていきたいものである。
[PR]
by nk2336nk | 2013-05-22 06:47 | Comments(0)